美を追求カラーコンタクトレンズ

今、通販で購入をすることが出来るコンタクトレンズの中に、カラーコンタクトレンズがあります。
以前はなかったものですが、1990年代からファッション性を追求したカラーコンタクトレンズが登場しました。

その種類も今では豊富です。
より瞳を大きく見せるためのものが販売されています。
通販でも気軽に購入をすることが可能なのです。

カラーコンタクトレンズには以下のような種類のものがあります。

・黒コン
  瞳孔に近い部分がグラデーションになっているので、より自然な黒目を強調することが可能です。
  ディファイン効果で黒目をハッキリ演出することが出来ます。

・ビッグアイ
  黒いフチが入っているので、瞳全体を大きく見せる効果がある。
  自然な雰囲気を持っているカラーコンタクトレンズ。

・ノーマル
  フチなしでベーシックカラーで出来ているのが特徴的。   
  初めてカラーコンタクトレンズを装着するという方にも受け入れやすいタイプ。

・2色グラデーション
  2色トーンの配色でフチあり。
  日本人の瞳にも自然に見えます。

・3色グラデーション
  3色トーンでフチあり。
  輪郭が強調され、丁寧な仕上がりになります。

・マジックレンズ
  アニマル柄のレンズ。
  かなりインパクトのある瞳になります。
  パーティーなど目立ちたい時に便利です。

コンタクトレンズの洗浄方法

通販でコンタクトレンズを購入した場合、ケア用品を一緒に購入することが可能です。
定期的に購入をしている場合には、纏めて購入をすることで送料を安くすることが可能になります。
ではそれぞれのコンタクトレンズのケア方法とはどのようなものなのでしょうか。

・ハードコンタクトレンズ
  石鹸などを使い、手を清潔にする。
  レンズケースに洗浄液を入れ、レンズを浸す。
  浸すことによって、レンズに付着した雑菌や汚れを除去する。
  殺菌が完了する時間までそのまま放置する。
  レンズケースからレンズを取り出し、水道水で洗浄液を洗い流す。

  洗浄液にも1液のみを使用するタイプと2液使用するタイプがあります。
  
・ソフトコンタクトレンズ
  石鹸などを使い、手を清潔にする。
  レンズを手のひらに乗せ、洗浄液を数滴つけ、20,30回程度こすり粗いをする。
  液でコンタクトレンズに付着している残留物を濯ぐ。
  レンズケースに洗浄液を入れてレンズを浸す。
  そのまま殺菌が完了するまで放置。

  雑菌やカビをしっかり除去したい場合には、煮沸タイプを使用すると良い。
  なお、煮沸タイプは使い捨ての2週間タイプにも向いている。

ケアが大変ということもあります。
ケアをしたくない場合には1日使い捨ては1週間連続使用のタイプを使用すると良いです。
  

各種使い捨てコンタクトレンズについて

通販で購入をすることが可能なコンタク トレンズには様々な種類があります。
どのような種類があり、またどのような人に向いているのでしょうか?

・1日使い捨てタイプ
  その名の通り、朝装着をして夜破棄をするタイプ。
  面倒なケアが不要。
  紛失をすることがあっても大きなトラブルにはなりません。
  旅行の際になどとても便利。
  ただし、高額になってしまうこともあります。
  
・1週間使い捨てタイプ
  1週間装着したままで過ごすことが出来るタイプ。
  夜寝る時に装着したままでいいので、取り外しの面倒がない。
  継続をして使用をすることが可能というのは便利。
  ただし、1週間以上使用をすることは危険。
  キチンと管理をすることが可能な人にオススメ。
  コンタクトレンズのケアは一切不要。

・2週間使い捨てタイプ
  2週間で使い捨てるタイプ。
  ケアは従来のタイプと同様に行う。
  ケアが面倒ではないという人に向いている。
  2週間で新しいコンタクトレンズに変えるので紛失をした際にもトラブルを避けることが可能。

自分にどういうものが向いているのか、まず最初に眼科に行って診断をしてもらうと良いです。
少し面倒かもしれませんが、分からないことがあった場合にはすぐに対応をしてもらったほうが安心します。